網戸の貼り替え

用意するもの
網          それぞれの自宅に合った網を使用
ローラー      網戸張替えには不可欠な用具です 
網押さえゴム  網押えゴムは網戸の溝の大きさに合わせて選ぶのがこつ 
    * 外したゴムを少し切って持っていくとサイズが選びやすい 
カッター       網戸張替え用カッターです。 
養生材      ダンボール・シート・新聞紙など 

サアはじめましょう。
網戸を外し網も外して、綺麗に掃除をしましょう。特に戸車も(網戸の下についてます)
このとき、戸車が壊れていたら取り替えましょう。
網戸の戸車はいろいろ種類があるので、サイズを控えて、写真を撮っていきましょう。 ただ規格がないので種類はさまざまです。

1  床に養生します。 網戸はアルミ製品が多いので床が傷つく付く事があります。
2 網戸を置いて、網をおき上下を大きな洗濯ピンチや目玉クリップなどで止めます。
3 網押さえゴムを入れていきます。 そのとき角からはじめますが、ゴムをL字に入れていきます。 角はローラーの反対側を使って押し込みましょう。
ポイント
L字に入れるのは、ゴムを入れているうちに伸びて引っ張られるのを防ぐためです。 これは必ずします。
4 網の目が曲がらないようにして、10㎝位先に押さえゴムで仮押さえして、ローラーで少しずつゴムを入れていきます。 慣れてきたら距離を延ばしましょう。
  ポイント
ローラーは、前後に動かさないで、前に進むだけです。もう一度押し込みたい時は、ローラーを押し込む位置まで戻して、前に進めながら入れます。
  ポイント
網は、出来るだけまっすぐに入れます。ただし一度入れてやり直すと線が出てしまうので、はじめは慎重に頑張ってください。とりあえず2辺が綺麗に入れば、後は簡単です。
5 1辺が終わったら、角をしっかり入れて、次も曲がらないように頑張ってください
6 2辺が終わったら、角をしっかり入れて、後は、外側うを軽く押さえてローラーで入れます。 
   ポイント
このとき、ピンと張るために強く引っ張ると、せっかく入れた側のほうが外れることがありますので 気をつけましょう。
7 最後の角は、少し外に引張り気味にしてゴムを入れます。
8 今度も、外側うを軽く押さえてローラーで入れます。 
9 最後が少したるんでしまったら、最初に入れたゴムを少し外し調整してもう一度ゴムを入れます。こうすると綺麗に仕上がります。
10 最後にもう一回ローラーで一周しておくとよいです。
11 後はカッターで余分なネットを切ります。
   ポイント
カッターの刃を網戸枠に沿うように当てて切るとうまく切れます。

頑張ってください。 

写真がないので、わかりにくいのですが、出来るだけ細かく書きました。頑張ってみてください。

DIYアドバイザー鈴木ひろ子